忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年10月20日04:48 】 |
「飛行機モケイ」Photo Gallery:Vol.8

WildRiver荒川直人

TITLE
「ダンス ウィズ シーフェイス」

ハセガワ 1/72 ハインケルHe111H-6
ハインケル111H-6のハセガワのボックスアートの魚雷投下シーンを見て、これは作らなくてはと思ってしまい製作しました。
表面的には、ボックスアートの世界感を、裏側から見ると、He111の内部が覗けるカットモデリングの円形劇場世界へとダブルで楽しめるジオラマに。


gangan

TITLE
「賭けの行方」

ファインモールド 1/72 サボイヤS21Fフォルゴーレ
あれから20年後…という設定で屋根裏部屋に置いてあるトランクを
モチーフに、フィオとポルコ、ジーナのその後をイメージしてみました。
初めての模型作りですので、自分でも楽しめるようにフィギュアの塗装は慣れた画材(ガッシュ)でトライ。
機体色は木目調にして玩具らしさを強調しました。



moushita

TITLE
「Hello Jonathan!」

ローデン 1/72 RAF S.E.5a
飛行機は以前から、映画『スカイエース(原題 ACES HIGH)』(1976イギリス・フランス)に出て来る機体“RAF S.E.5a”を作りたいと思っていました。
この時代の飛行機のスピード感を出す枠役としては鳥が良いかな?と思い、カモメのジョナサン(Jonathan Livingston Seagull)に登場頂いた次第です。
脳内の捏ち上げの世界で楽しんでいます。



富成太郎

TITLE
「テング・モデラーズのカラス天狗さん」

サイバーモデル 1/350 ドーントレス

当会のチラシの天狗さんです。あまりのエロさについ自作してしまいました。
スケール・モデラーとしての意地をプニプニ筋肉表現に全力注入しております。
飛行機はサイバー・モデルの1/350ドーントレス。
以前、オスプレイ・シリーズ本を翻訳したことがあり思い入れのある機体なのです。


以上が展示会参加の全30作品です。
同じ「飛行機模型」というテーマでしたが、製作者それぞれが全く違う切り口で飛行機キットを楽しんでみました。
見ていただいた方に、その楽しさが伝われば幸いです。
【2012年11月06日17:18 】 | 第1回展示会作品 | コメント(0)
コメントの投稿













前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]

PR