忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年10月20日04:44 】 |
「飛行機モケイ」Photo Gallery:Vol.5

チャーリー

TITLE
「YBー49“Flying Wing”」

イタレリ 1/72 YBー49
この機体、本っ当に翼だけです。その潔さは清々しいほどです。
一度見たら忘れられない、シンプルかつ異形のシルエット。
実在した飛行機のはずですが、フィクションの住人かもしれません。
座席が円形に並ぶ操縦室はまるでスタートレックの宇宙船の様ですし何より青空を映しこむ銀翼はどんな新鋭機よりも未来を感じさせます。
まぁ細かいことはどうでもいいですね。こんなにカッコいいんだから。


新井テル子

TITLE
「テングーボルト」

タミヤ 1/48 リパブリック P-47D サンダーボルト
ハミルトン製プロペラ装着のP-47D-25の着色パターンを元にデカールを一部だけアレンジしました。
胴体の銀色は厚くなりすぎないように薄くしたメタリックカラーを何度も重ねて仕上げました。
ぽっこりとしたシルエットがかわいいサンダーボルトです!



みやま

TITLE
「P-40N WARHAWK」

ハセガワ 1/32 P-40N
Pー40自体には特に興味もなくて、たまたま頂き物のキットがあった
ので作り始めました。作っていくうちに、ボリューム感のある機首とか脚収納状態でも丸見えのタイヤとか、全体的に野暮ったい感じが「何だ結構かっこいいじゃん」と。
塗装は、Pー40というとシャークマウスが有名ですが、機首のボリュームを強調したくて、おとなしめのマーキングを選んでいます。



山下しゅんや

TITLE
「P-51D マスタング 第9空軍」

タミヤ 1/48 P-51D マスタング 第9空軍
初めてまじめに取り組んだ飛行機模型です。
キャノピーを割らないように、デカールを破かないように、常に自分にいい聞かせながらの作業でした。
エンジンパーツはアイリスのレジンパーツを使用。全体の塗装はクレオスのMr.カラーとタミヤのアクリルをメインに使い、エンジンやフィギュアなどの細部はファレホとライフカラーを筆塗りで仕上げました。
飛行機模型はプラモデル製作の段取り力がアップしますね。

まだまだ続きます。
【2012年11月03日23:31 】 | 第1回展示会作品 | コメント(0)
コメントの投稿













前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]

PR